病気やお薬のことをわかりやすく解説

しつこいむくみの通販情報・口コミ紹介

           

飲み会があった翌日や、立ち仕事、デスクワークのあとなど、日常のさまざまな場面であらわれるむくみ。

むくみには一過性と慢性のものがあり、日常生活であらわれるむくみの多くは一過性のものです。

適度な運動や塩分の摂取量の減少、体を冷やさないようにするなどの方法で対処できますが、なかなか改善しないむくみには医薬品を使うのも有効です。

ムクミトールとは?

むくみに効果が期待できる医薬品の1つが、海外の製薬会社であるレクメズ社が手掛けるムクミトールです。

海外で作られているジェネリック医薬品で、ルプラックという医薬品をもとに作られています。

ルプラックと似たような効果を安価な価格で得られるため、お得にむくみを改善できるという魅力があります。

また、日本人が監修に関わっているという特徴があり、日本人も安心して服用できるよう作られています。

ムクミトールには、有効成分としてトラセミドが配合されています。

トラセミドは、体内の水分の排出を助ける成分で、ループ利尿薬という種類に分類されます。

腎臓にある尿細管に作用し、ヘンレループという水分の吸収に関わっている部位の働きに影響を与える効果があります。

ヘンレループから水分が体内に再吸収されないよう阻害し、体内に蓄えられる水分の量を減らします。

これにより、体内の余分な水分を尿として排出し、体にあらわれたむくみを改善します。

また、腎尿細管におけるナトリウムやカリウムの再吸収も抑えられるため、循環する血液量を減らして血圧を下げる効果も発揮します。

むくみのほかに高血圧症の症状もある場合、高くなりすぎた血圧をコントロールし、むくみと同時に高血圧症も改善へと導けます。

その効果は非常に高く、従来の利尿薬に使われていたフロセミドと比べると、約10~30倍もの利尿作用があるといわれています。

浮腫を抑制する効果は約10倍であることが明らかになっており、高い効果で症状を改善できるのがムクミトールの大きな魅力です。

チェックを促す医者
薬のタイプ 内服薬
有効成分 トラセミド
製薬会社 レクメズ

ムクミトールの使用方法(用法用量)

1日1回、場合によっては1日2回、4~8mgを水やぬるま湯と一緒に服用します。

朝もしくは昼の服用が推奨されており、連日または隔日、年齢や症状に合わせて用量を調節しながら服用してください。

服用後、1時間ほどで効果があらわれはじめ、4~6時間ほど持続します。

ムクミトール使用に関しての禁止事項、注意点

【ムクミトールを服用できない人】

効果が期待できないため、無尿の方は服用を控えてください。

低カリウム血症によるアルカローシスの増悪により、肝性昏睡が悪化するおそれがあるため、肝性昏睡の方も服用しないでください。

また、体液中のナトリウムやカリウムが明らかに減少している方の服用も禁止されています。

【ムクミトールとの併用に注意するべき医薬品】

デスモプレシン酢酸塩水和物を含んだ医薬品との併用は、禁止されています。

これらの医薬品の併用により、低ナトリウム血症が副作用としてあらわれるおそれがあります。

すでに該当する医薬品を服用している方は、ムクミトールの服用を避けてください。

昇圧アミンと併用すると、昇圧アミンの作用を弱める可能性があります。

また、降圧作用を強めてしまう可能性があるので、他の降圧薬と併用する際は用量を調節してください。

ジギタリスを含んだ医薬品と併用すると、不整脈を引き起こすおそれがあります。

糖尿病に関する医薬品との併用にも注意が必要で、糖尿病用薬の作用を著しく弱めてしまうおそれがあります。

リチウムを含んだ医薬品との併用にも注意し、血中リチウム濃度に注意してください。

【ムクミトールの注意点】

血栓塞栓症を誘発するおそれがあるため、重篤な冠硬化症または脳動脈硬化症のある方は服用に注意が必要です。

腎機能障害や肝疾患、肝機能障害の症状がある方も、ムクミトールの服用に注意しなくてはなりません。

また、本人または両親、兄弟に痛風や糖尿病がある方が服用すると、痛風発作を起こしたり糖尿病を悪化させたりするおそれがあります。

ムクミトールは、降圧作用によってめまいやふらつきの症状があらわれることがあります。

自動車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業などを行う際は十分注意しましょう。

連用する場合、体内の電解質量が低下して電解質失調が引き起こされる可能性があるので、定期的に検査を行ってください。

ムクミトールの副作用

脱力感やめまい、ふらつき、体のだるさなどが報告されています。

尿酸値の上昇や吐き気、頭痛、耳鳴りなどの症状があらわれることもあります。

重篤な副作用では、低カリウム血症や高カリウム血症、肝臓障害、血小板減少などの症状が報告されています。

そのほかに副作用と思われる何らかの症状がみられた際は、速やかに使用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

ムクミトールを服用した人の口コミ

男性 30代

男性

飲み会に誘われることが多く、いつも翌朝はむくみが気になっていました。

これなら簡単にむくみが取れるので、飲み会があった日は必ず飲むと決めています。

肝臓を助けるサプリメントに続く、俺にとっての必需品です(笑)


男性 40代

男性

副作用のめまいが時々つらく感じますが、高血圧の対策としてかなり効果的です。

全身のむくみが取れて体もすっきりするので、高血圧やむくみで悩んでいる人はぜひ一度飲んでみるべきだと思います。


女性 40代

女性

立ち仕事のあと、むくみが気になっていたので飲み始めました。

インターネットではかなりの高評価でしたが、私には少しきつかったです。

いつも副作用の頭痛やめまいで体調を崩すので、最近はあまり飲まなくなってきました。


男性 50代

男性

飲むと体がとてもだるくなってしまいました。

副作用がかなり強く出ていたのかもしれません、今はもう飲むのをやめました。


女性 20代

女性

ラシックスに代わるむくみ取りです!ダイエットにもいい感じ(^^)v

飲むタイミングには気を使うけど、体はすっきりするし、体重は減るし、もういいこと尽くめでっす!

ムクミトールの購入方法

ムクミトールは、日本国内ではまだ承認されていないため、医療機関で処方してもらうのは困難な医薬品です。

そのため、ムクミトールを購入したいと思った際は、医療機関の受診以外の方法で入手するのが一番です。

医療機関の受診以外でムクミトールを手に入れる方法には、通販があります。

インターネット上に存在する通販サイトには、日本国内の商品を購入できる一般的なものの他に個人輸入代行の通販があります。

個人輸入代行の通販では、海外で取り扱われている商品を購入し、日本へ送ってもらうことができます。

お取り寄せのような感覚でムクミトールを手に入れられるうえ、医療機関で医薬品を処方してもらった場合よりも安く購入できます。

よりお得にむくみを解消したい方は通販を利用しましょう。

ムクミトールの購入はこちら