病気やお薬のことをわかりやすく解説

ルプラックジェネリックの通販情報・口コミ紹介

           

日常生活中にあらわれやすく、多くの女性を悩ませている症状の代表格がむくみです。

立ち仕事やデスクワークを終えた日の夕方にあらわれやすいむくみは、筋肉量が少ない方や皮下脂肪が多い方でも多くみられます。

特に女性は体の作り的にむくみやすい傾向にあるため、こまめなケアで解消しなくてはなりません。

ルプラックジェネリックとは?

ルプラックジェネリックは、日本国内でも処方されているルプラックのジェネリック医薬品です。

高い利尿作用があるのが特徴で、皮膚と皮下組織の間に溜まってしまった余分な水分の排出を助け、むくみを解消します。

また、血液中に滞留している毒素や老廃物も一緒に体外へ排出できるため、全身のデトックスも同時に行うことができます。

配合されている主な有効成分は、トラセミドという成分です。

腎臓にあるヘンレループという部分に作用するのが特徴で、ヘンレループで行われている水分の再吸収を阻害する効果があります。

この効果によって、水分が体内に吸収されにくくして、多くの水分を体外へ排出します。

その影響で血液量が少なくなることにより、むくんでいる箇所から血液中へと水分が移動して全身のむくみを解消します。

このように、体内の水分量をコントロールしてむくみを効果的に解消できるのがトラセミドの大きな特徴です。

トラセミドには利尿作用のほかに、抗アルドステロン作用もあります。

アルドステロンはホルモンの1種で、体内にナトリウムを保持して水分を保つ働きがあります。

このホルモンが正常な働きをできないように阻害することで、水分の排出を助けて血圧を下げる効果を発揮します。

また、この効果によってカリウムの排泄が抑えられているため、低カリウム血症が引き起こされにくくなっています。

脂質代謝や耐糖能への影響も少なく、脂質異常症や糖尿病に対する医薬品との併用も行いやすく作られています。

効果だけでなく安全性も高く、多くの方に安心してお使いいただける信頼できる医薬品です。

チェックを促す医者
薬のタイプ 内服薬
有効成分 トラセミド
製薬会社 インタスファーマ

ルプラックジェネリックの使用方法(用法用量)

1日1回、または1日2回、5~10mgを水やぬるま湯と一緒に服用します。

年齢や症状などの条件に合わせて服用量を調節し、連日または隔日服用してください。

はじめて服用する場合は、4mgからはじめ、少しずつ量を増やしてください。

トイレの回数が増えるので、服用するタイミングには注意しましょう。

効果は服用後、1時間であらわれはじめ、4~6時間ほど続きます。

ルプラックジェネリック服用使用に関しての禁止事項、注意点

【ルプラックジェネリックを服用できない人】

効果が期待できないため、無尿の方は服用しないでください。

肝性昏睡の方も、症状を悪化させるおそれがあるので服用が禁止されています。

電解質失調を起こすおそれがあるため、体液中のナトリウムやカリウムが減少している方もルプラックジェネリックの服用を避けてください。

トラセミドまたはスルホンアミド誘導体に対して過敏症を発症したことがある方も、服用しないでください。

【ルプラックジェネリックと併用できない医薬品】

デスモプレシンを含んだ医薬品との併用は禁止されています。

ルプラックジェネリックを併用すると、副作用として低ナトリウム血症があらわれるおそれがあります。

【ルプラックジェネリックとの併用に注意が必要な医薬品】

昇圧アミンと併用すると、昇圧アミンの作用を弱めてしまうおそれがあります。

手術前の方が使用する場合は、一時休薬等の適切な処置を行ってください。

また、効果が重複して血圧を下げすぎてしまうおそれがあるので、降圧薬との併用にも注意が必要です。

不整脈を起こすおそれがあるため、ジギタリス製剤との併用も注意してください。

糖尿病用の医薬品と併用する際は、作用を著しく弱めるおそれがあるため注意しましょう。

【ルプラックジェネリックの注意点】

重い腎臓病や肝臓病のある方は、慎重に服用してください。

糖尿病や痛風を悪化させるおそれもあるので、これらの症状がある方も慎重に服用しましょう。

高齢の方が服用する場合は、副作用があらわれやすいので少量から服用を開始しましょう。

降圧作用により、血圧が低下した際にめまいが引き起こされることがあります。

車の運転や危険を伴う機械の操作、高所での作業は避け、どうしても行わなければならない場合は十分注意してください。

また、体内のカリウムが不足しやすくなるため、果物や野菜類を多めに摂ってカリウムを補ってください。

服用している間は血液検査を定期的に受け、カリウムやナトリウム、尿酸値に異常がないか確かめましょう。

ルプラックジェネリックの副作用

めまいやふらつき、脱力感、体のだるさなどが主な副作用として報告されています。

吐き気や頭痛、耳鳴り、尿酸値の上昇、低ナトリウム血症や低カリウム血症などの症状があらわれることもあります。

重篤な副作用では、血小板減少や肝臓障害、重度の低カリウム血症または高カリウム血症が報告されています。

そのほかに副作用と思われる症状があらわれた際は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

ルプラックジェネリックを服用した人の口コミ

女性 20代

女性

何度か繰り返して服用してます!

ラシックスよりもかなり効果がある感じがします、しかも安くて使いやすい!

これ飲んだら他の利尿薬には戻れませんね、むくみに悩んでる人はぜひ飲んでください!


男性 40代

男性

酒を飲んだあとのむくみ対策として購入しました。

空腹時に飲んだところ、体のだるさや吐き気がひどく、睡眠の質も悪化しました。

ラシックスより効果が強い分、副作用も強くなっているのかもしれません・・・飲むときは注意したほうがいいですね。


女性 30代

女性

あまり効果が感じられず、いつも副作用に悩まされています。

お値段がとても安いので飲み続けていましたが、これ以上は体にとって負担になりそうだし飲むのを止めようかなと検討中です。


女性 20代

女性

何してもすぐにパンパンにむくんでたのが、嘘みたいにスッキリ!

海外のお薬ってこんなに効果あるの~!?ってはじめて飲んだときは驚きました!

しかもこれでジェネリックだからめちゃくちゃ安い!コスパも最強です!


女性 20代

女性

飲み始めてから、かれこれ1ヶ月経過。

副作用に悩まされることも少ないうえに、むくんでいたところもすっきりするので助かっています。

むくみやすい体質で、いつも困っているのでこれからもリピ購入続ける予定です!

ルプラックジェネリックの購入方法

ルプラックジェネリックは、主に個人輸入代行の通販で購入できます。

医療機関で処方してもらうのは難しい部分が多いため、通販の利用が主な入手法になります。

インターネットに繋がったパソコンやスマートフォンがあれば、好きなときに簡単に利用できるのが魅力です。

トラセミドタブレットの価格も非常に安いので、薬代の節約に繋がります。

ルプラックジェネリックの購入はこちら