病気やお薬のことをわかりやすく解説

グルコバイの通販情報・口コミ紹介

           

糖尿病とは慢性的に血糖値が高い病気です。

糖尿病は中年男性や肥満体型の方が発症するものという印象を持つ方がいますが、実際には性別、年齢、体型は関係なく発症します。

また、糖尿病には1型2型が存在していますが、95%以上は食生活の乱れや運動不足による2型糖尿病と言われています。

血糖値が高い状態が続くことで血液や臓器にダメージを与え、命に関わるような合併症を引き起こしますので適切な血糖値を保つことが大切です。

グルコバイとは?

グルコバイは食後の血糖値上昇を穏やかにする糖尿病治療薬です。

血糖値を正常に維持することで糖尿病はもちろん、将来起こり得る合併症を予防することができます。

本商品は日本国内で処方されているグルコバイ錠と同じ有効成分を含有しており、安心してお試しいただけます。

なお、グルコバイにはアカルボース含有50mgと100mgの2種類ございますので、年齢や症状に応じてお選びいただけます。なお、微調整をする際にはピルカッターの使用をおすすめします。

グルコバイは食後の急激な血糖値上昇を抑える内服薬です。

有効成分にはαグルコシダーゼ阻害剤に分類されるアカルボースが含まれています。アカルボースにはブドウ糖に分解する酵素であるαグルコシダーゼの働きを低下させる作用があり、炭水化物の吸収速度を遅らせます。また、インスリンの分泌が抑えられるため、膵臓へ負担を軽減します。

また、グルコバイはこれまでの血糖降下薬とは異なり、インスリンを介して直接血圧を低下させる作用がありません。そのため、他の血糖降下薬と併用するケースが多いです。

グルコバイは国内の病院でも扱われていますが、病院で処方してもらう場合には薬代に加えて診察料や処方料、場合によっては交通費が発生します。

しかし、海外製のグルコバイであれば薬代に加えて送料で購入可能なため、治療費用を抑えることができます。 糖尿病は一度発症すると完治することはなく、長期的な治療が必要となります。そのため、経済的な負担を軽減するためにも治療費を抑えることは大変有効です。

チェックを促す医者
薬のタイプ 内服薬(錠剤)
有効成分 アカルボース
製薬会社 バイエル

グルコバイの服用方法(用法用量)

1日3回、1回につき100mgを食直前に服用します。

ただし、初めて使用する際は1回50mgから服用を開始し、忍容性を確認した上で1回100mgまで増量してください。

なお、服用量は年齢や症状に応じて増減していただけます。

グルコバイの服用使用に関しての禁止事項、注意点

食直前に服用を忘れた場合には食事中に服用してください。ただし、食後や空腹時には服用しないで下さい。決して2回分をまとめて服用しないこと。

禁止事項

本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある

投与によって過敏症状が現れる恐れがあります。

重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡の患者

輸血やインスリンによる速やかな高血糖是正が必要なので、投与は適していません。

重症感染症、手術前後、重篤な外傷がある患者

本剤の投与よりもインスリン注射による血糖管理が必要です。

妊娠中・妊娠・授乳中の女性

妊娠中の投与に関する安全性は確認されていません。 また、乳汁へ成分が移行すると報告されているため、授乳は避けて下さい。

注意点

小児

小児を対象にした有効性や安全性は確認されていません。

高齢者

高齢者は生理機能が低下しているため、十分に経過を観察しながら慎重に投与する必要があります。

開腹手術や腸閉塞の既往がある方

腸内ガスの増加で腸閉塞が現れる恐れがあります。

胃腸障害がある方

本剤の投与によって鼓腸、放屁、下痢などの消化器症状が増強される恐れがあります。

また、ロエムヘルド症候群や重度のヘルニアなどの患者は症状が悪化することがあります。

重篤な腎機能障害がある方

腎機能正常者に比べて血中活性物質濃度が上昇することが報告されています。

重度の肝機能障害がある方

肝機能障害者に対する臨床試験は行われておらず、代謝状態が不安定で血糖管理が大きく変化する可能性があります。

薬剤投与中の方

糖尿病用薬、血糖降下作用を増強または減弱させる薬剤、ジゴキシン、ラクツロース、炭水化物消化酵素製剤などの薬剤は作用に影響を及ぼす恐れがあるため、服用前に必ず医師や薬剤師へ相談して下さい。

自動車の運転や高所作業をする方

服用によって低血糖やめまいなどの症状が現れる恐れがあるため、高所での作業、自動車の運転など危険な行為は避けて下さい。

定期的な検査を受けること

本剤投与中は経過を観察するとともに血糖を定期的に検査してください。また、3ヶ月投与しても効果が得られない場合には他の適切と考えられる治療を検討して下さい。

グルコバイの副作用

腹部膨満・鼓腸、放屁、軟便、発疹、そう痒、頭痛、めまい、肝機能数値上昇などの症状が現れる恐れがあります。

また、極稀に重篤な副作用として低血糖、腸閉塞、肝機能障害などの発現が報告されています。

グルコバイを服用した人の口コミ

男性 40代

男性

服用をはじめたときはお腹が張って少し苦しくなりましたが、段々と落ち着いてきます。血糖値も下がってきていて順調です。


男性 30代

男性

他にもいろいろな薬があるようですが、病院でもらった薬と同じものが安心です。

ジェネリック医薬品ではない?と思うのですが、金額も安くて通院していた頃より治療費が抑えられているので助かっています。

ただ、届くのが少し遅いのがデメリットです。まとめて注文する&なくなる1ヶ月前には注文しておくのが必須です。


女性 40代

女性

糖尿病のお薬ですが、ダイエットに良いと聞きましたので試しに購入してみました。服用開始してから空腹感が抑えられ、1週間で体重が2kgほど落ちました。

自己責任での利用になりますが、サプリなどで効果が出なかった私にとっては救世主です。これからもケースバイケースで活用させてもらいます。


男性 50代

男性

血糖値を気にした食事にしているものの、どうしてもジャンキーな物が食べたくなったり取引先の人と食時に行くことがあるので、そんなときのためにグルコバイを用意しています。病院ではこういった用途で処方してもらえないと思うのですが、通販なら買えるので助かります。


女性 40代

女性

専業主婦にとってはなんの問題もありませんが、おならが増える、お腹が張るようになるので、人によっては使いにくいのかなぁと感じます。

グルコバイの購入方法

グルコバイは病院でも処方してもらうことが可能ですが、処方してもらうには医師の診察を受けなければなりません。また、薬がなくなる度に通院が必要ですし、薬代に加えて診察料や処方料が必要となり、治療費は高額になってしまいます。

しかし、グルコバイは病院へ行かなくても個人輸入代行サイトから購入することができます。

個人輸入代行サイトとは、名前の通り「個人輸入を代行してくれるサービス」のことで、面倒な手続きをすべて引き受けてくれます。また、サイトはすべて日本語表記ですしサポートサービスもあるので、初めての方でも問題なくご利用いただけます。

ただし、個人輸入代行サイトの利用は自己責任、届くまでに2週間前後かかるといったデメリットもありますので覚えておきましょう。

グルコバイの購入はこちら