病気やお薬のことをわかりやすく解説

クターンの通販情報・口コミ紹介

           

糖尿病というのは、血液中のブドウ糖の濃度が慢性的に高い状態が続いている病気です。

糖尿病には1型と2型が存在していますが、糖尿病患者の95%が2型糖尿病と言われています。

2型糖尿病は食生活や運動不足が大きく関係していると言われており、血液中のインスリンの働きに異常が生じることで発症します。インスリンには血液中のブドウ糖を体の各細胞へ届ける働きがありますが、インスリンの働きが低下することで血中のブドウ糖が処理できず、血糖値が高い状態が続きます。

すると、神経・目・腎臓などに障害をもたらし、死に繋がる合併症を引き起こします。

まあ、2型糖尿病は初期の段階で自覚症状がほとんど現れないことが多いため、日常生活で注意が必要です。

クターンとは?

クターンは2型糖尿病に対して効果的な内服薬です。

クターンは日本未発売ですが、日本国内で処方されているフォシーガとオングリザ2つの有効成分が含有されている医薬品となります。

症状によっては治療の際に2剤服用しなければなりませんが、クターンであれば1錠の服用で済ませることができます。

クターンは血糖値を正常に導く2つの有効成分が配合されている医薬品です。

配合されているのはサキサグリプチンとダパグリフロジンで、それぞれ血糖値に働きかけますが作用機序が異なります。

サキサグリプチンはDPP-4阻害剤に分類され、主に血糖調整作用のあるインクレチンを分解する酵素DPP-4の働きを妨げます。そうすることでインスリンの分泌が促されて血糖値を下げる効果が期待できます。

もう一方の有効成分であるインクレチンはSGLT-2阻害剤に分類され、糖の再吸収を行うタンパク質SGLT-2の働きを妨げる作用があります。この作用によって尿と一緒に余分な糖を排出して血糖値を下げます。

このように2つの異なる作用によって血糖値を正常に導き、維持できるようになります。

2型糖尿病治療の基本は食生活や運動習慣の見直しですが、クターンのような治療薬を使用することによっても改善できます。

アストラゼネカ(AstraZeneca AB)はイギリスに本拠地がある製薬会社です。日本を含む100カ国に事業所を構えており、現在に至るまで数々の医薬品を提供してきました。安全や品質の管理を徹底した有効性の高い医薬品を開発し、世界でも高い信頼を得ているメーカーです。

チェックを促す医者
薬のタイプ 内服薬(錠剤)
有効成分 サキサグリプチン塩酸塩、ダパグリフロジンプロパンジオール一水和物
製薬会社 アストラゼネカ

クターンの服用方法(用法用量)

1日1回、1錠を経口投与します。

クターンの服用使用に関しての禁止事項、注意点

飲み忘れた場合には気づいたときに服用して下さい。ただし、次の服用時間が近い場合には飲み忘れた錠剤は服用しないで下さい。2回分をまとめて服用しないで下さい。

投与にあたっては必ず自己判断で使用を中止したり投与量を調節せず、医師の指示に従って下さい。

禁止事項

本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある

投与によって過敏症状が現れる恐れがあります。

重症ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病患者

輸血やインスリンによる速やかな高血糖是正が必要なので、投与は適していません。

重症感染症、手術前後、重篤な外傷がある患者

本剤の投与よりもインスリン注射による血糖管理が必要です。

注意点

妊娠中・妊娠・授乳中の女性

胎児へ影響を与える可能性があるため、治療の有益性が危険性を上回ると判断された場合のみ投与してください。

また、乳汁へ成分が移行すると報告されているため、授乳は避けて下さい。

小児

小児を対象にした有効性や安全性は確認されていません。

高齢者

高齢者は生理機能が低下しているため、十分に経過を観察しながら慎重に投与する必要があります。

中度以上の腎機能障害患者や透析中の末期腎不全患者

投与をしても効果が得られない可能性がありますので、事前に医師へ確認して下さい。

低血糖を起こす恐れのある方

栄養不良状態、餓死状態、不規則な食事摂取、激しい筋肉運動を行う、過度のアルコール摂取などに該当する方は低血糖を起こす恐れがあるため、糖質を含む食品を適切に摂取して下さい。

薬剤投与中の方

糖尿病用薬、血糖降下作用を増強または減弱させる薬剤、CYP3A4/5阻害剤、利尿剤などの薬剤を投与中の方は薬剤の作用に影響を及ぼす恐れがあるため、服用前に必ず医師や薬剤師へ相談して下さい。

自動車の運転や高所作業をする方

服用によって低血糖やめまいなどの症状が現れる恐れがあるため、高所での作業、自動車の運転など危険な行為は避けて下さい。

定期的な検査を受けること

本剤投与中は経過を観察するとともに血糖を定期的に検査してください。また、3ヶ月投与しても効果が得られない場合には他の適切と考えられる治療を検討して下さい。

クターンの副作用

めまい、頭痛、胃腸障害、肝機能異常、発疹、湿疹、性器感染、尿路感染、便秘、頻尿、口渇などの症状が現れる恐れがあります。

また、極稀に重篤な副作用として低血糖、急性膵炎、腸閉塞、脱水などの症状が報告されています。

何か異変を感じた場合には、使用を中止して速やかに医療機関の診察を受けて下さい。

クターンを服用した人の口コミ

男性 30代

男性

糖尿病の管理は大変ですが、こちらの薬に変えてから血糖値はいい感じですし、どことなく体調が良くなった気がします。簡単に買えますし、これからもお世話になるかと思います。


男性 50代

男性

若い頃の不摂生が祟って糖尿病になってしまいましたが、食生活の改善と運動、それに加えてクターンを飲むようになってから血糖値は安定しています。一時期薬をやめた時もありましたがやはり血糖値が上がってしまいましたので、私にとってこの薬は必要不可欠な存在となりました。

こうかには満足していますが、金額がもう少し安くなれば何も言うことはありません。


女性 40代

女性

毎回健康診断では血糖値が高め・・・ということは知っていましたが、自分は大丈夫だと思い変わらぬ生活をしていた結果2型糖尿病に。

はじめのことは通院をしていたものの、仕事とで忙しくなって通院できないことが多々あったのでクターンをネットで買うようになりました。

届くのは遅いですが思い出したときにすぐ注文できますし自宅で受け取れるので、とってもありがたいです。


女性 50代

女性

病院でフォシーガを処方してもらっていましたが、膣カンジダ症を3〜4回発症してしまったので違う薬を、と思いクターンを試しました。クターンにもフォシーガと同じ成分は入っていますが、クターンの方に変えてからは1度も膣カンジダ症は発症してません。

理由はよく分かりませんが、自分にはこちらの薬が合っているんでしょうね。


男性 40代

男性

何種類か糖尿病の薬を飲みましたが、個人的にはクターンの効き目が安定してます。

この調子で糖尿病とうまく付き合っていきたいです。

クターンの購入方法

クターンに配合されている2つの有効成分はフォシーガ(ダパグリフロジン)とオングリザ(サキサグリプチン)という商品名で流通しています。

しかし、クターンに関しては日本未承認の医薬品のため、2型糖尿病治療に使用する際には個人輸入で入手する必要があります。

通常、個人輸入する際には自分で海外販売店へ交渉、支払い、手続きなど行わなければなりません。そのため、素人には難易度が高く、個人輸入したくてもできない方が大半でした。しかし、現在では面倒な個人輸入に係る手続きをすべて代行してくれる業者が存在しており、誰でも簡単に海外商品を輸入することができます。

こうしたサービスは個人輸入代行と呼ばれ、クターンをはじめとする国内未承認医薬品を購入できます。

当然、法律には反していませんし、一般的な通販サイトと変わらない手順で注文していただけます。

そのため、手軽にお得に糖尿病治療を行いたい方には大変おすすめです。

クターンの購入はこちら