病気やお薬のことをわかりやすく解説

ペネグラの通販情報・口コミ紹介

           ペネグラ

数あるバイアグラジェネリックの中の1つがペネグラです。

ペネグラは、ザイダスカディラ社というインドの製薬会社が販売している製品です。

バイアグラと同等の効果を持っており、多くの男性が悩まされているEDを効果的に改善する作用があります。

世界的に知名度があるといえる信頼できるジェネリック医薬品で、はじめてED治療薬を服用するという方にも適しているといえます。

はじめての方はもちろん、バイアグラを服用したことがある方々からも選ばれている優れた商品です。

 

ペネグラを取り扱っている通販サイトと価格

 

通販 ココロ薬局 おくすりワールド KUSULIX お薬マート
25mg×4錠 1.710円 2,600円 3,950円 2,800円
25mg×20錠 7,690円 4,800円 17,050円 9,400円

海外では多くの方に知られているペネグラですが、日本ではまだ認可が下りていません。

そのため、日本国内の病院や専門クリニックでは取り扱われておらず、処方してもらうことができません。

実際にペネグラを使ってみたいと思ったときは、通販を利用して購入する必要があります。

 

ペネグラを取り扱っている通販は、さまざまなところがあります。

総合的に価格がリーズナブルになっているのは「ココロ薬局」で、25mg錠以外にも50mgや100mg錠が取り扱われています。

また、サイトそのものも運営している期間が長く、多くの人が利用しているので信頼性が高いといえます。

そのため、はじめてペネグラを通販で購入する場合や少しでも信頼できる通販を利用したい場合はココロ薬局が適しています。

 

まとめ買いをしたときの価格は、「おくすりワールド」が一番安くなっています。

一度に多くのペネグラをよりお得な価格で手に入れられるので、継続してペネグラを服用したい場合に適しています。

ある程度の数のペネグラをまとめて買っておきたいという場合にもぴったりなので、まとめ買いをする予定がある方はおくすりワールドの利用を検討しましょう。

 

このように、ペネグラは利用する通販によって価格に違いがあります。

少しでも安く購入するためには、よりお得な価格で販売しているサイトを利用する必要があります。

まとめ買いをするかどうかでも利用するサイトは変化してくるので、自分がペネグラをどう使いたいかをはっきりさせてから選びましょう。

 

ペネグラとは

冒頭でも軽く触れたように、ペネグラはザイダスカディラ社が製造、販売しているジェネリック医薬品です。

世界的に有名なED治療薬であるバイアグラを元にして作られており、同じ効き目を期待することができます。

そのため、今までバイアグラを服用していた方も同じような感覚で服用することができます。

 

ペネグラは、有効成分の含有量によって25mg、50mg、100mgの3種類に分けられています。

取り扱われていることが多いのは50mgや100mgで、通販サイトによっては25mgのものは取り扱われていないことがあります。

日本人に適しているといわれているのは25mgや50mgですが、100mgのものを分割して服用するという使い方をすることもできます。

体型や症状の度合いによって適しているものを選択、服用できるので、他のバイアグラジェネリックよりも使いやすいといえます。

 

また、ジェネリック医薬品のため、ペネグラはバイアグラよりもはるかに価格が安いという魅力もあります。

病院や専門のクリニックで処方してもらった場合、バイアグラの価格は高く、継続して服用すると金銭的な負担が結構なものになってしまいます。

負担が大きくなればなるほど服用を続けにくくなってしまうため、継続してバイアグラを服用するのが難しくなってしまう可能性があります。

 

しかし、ペネグラならバイアグラの約1/3の価格で購入できます。

バイアグラよりもリーズナブルな価格で販売されているため、継続して服用しても金銭的な負担が膨れ上がりすぎる心配があまりありません。

そのため、続けて服用しやすく、金銭面の負担が気になる方にも安心してお使いいただけます。

 

おすすめポイント

ポイントを紹介する医者1錠服用するだけでEDのあらゆる悩みを解消できる

バイアグラと同じ成分が使用されているから力強い勃起を実現できる

バイアグラと同じ成分だから安心して試せる

薬のタイプ 内服薬(錠剤)
有効成分 シルデナフィル
製薬会社 ザイダスカディラ

 

ペネグラの効果と作用

ペネグラに配合されている有効成分は、シルデナフィルクエン酸です。

この成分の働きによってEDを引き起こしている原因を取り除き、症状を改善します。

 

男性の体の中には、勃起を鎮める働きをするホスホジエステラーゼという酵素があります。

この酵素は、陰茎の細動脈壁から分泌された血管拡張物質を分解する働きがあり、勃起した状態から通常の状態へと戻すのに役立っています。

しかし、体内でホスホジエステラーゼの量が増えると勃起をしてもすぐに鎮められてしまうようになり、EDの症状に繋がります。

 

シルデナフィルクエン酸には、このホスホジエステラーゼの働きを阻害する効果があります。

体内でホスホジエステラーゼが十分な働きをできないようにすることで、増えてしまったホスホジエステラーゼの働きを調節します。

この効果によって血液拡張物質がすぐに分解されてしまう状態を改善し、十分な量の血液が陰茎に流れ込むようにします。

その結果、勃起をした状態を維持できるようになり、EDの症状が改善されます。

 

このように、シルデナフィルクエン酸はEDの根本的な原因に作用して症状を改善します。

EDの症状がある男性の体内には、ホスホジエステラーゼが多く存在しているといわれています。

シルデナフィルクエン酸なら効果的にホスホジエステラーゼの働きを調節するため、高い改善効果が期待できます。

そのため、できるだけ高い効果で確実にEDを改善したいとお考えの方に適しているといえます。

 

このような特徴があるシルデナフィルクエン酸ですが、強制的に勃起を引き起こす効果は含まれていません。

性欲を増進させる効果や催淫効果なども含まれておらず、効果を実感するには性的な刺激を受ける必要があります。

ED治療薬を今まで使ったことがない方の中にはこういった効果があるのではと心配になってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことはないのでご安心ください。

 

用法用量

通常、1日1回、1錠を性行為の1時間前に水やぬるま湯と一緒に服用します。

服用する量は1回につき1錠で、それ以上の量を服用すると副作用があらわれやすくなってしまう可能性があるので避けてください。

また、連続して服用する場合は24時間以上の間隔をあけてから次の分を服用してください。

 

空腹時に服用することによって最大限の効果を得られるため、空腹時の服用が推奨されています。

何らかの理由でどうしても食後に服用しなくてはならない場合は、脂質を控えたあっさりとした食事をとり、腹6~7分目程度におさえてください。

効果時間

バイアグラ同様、ペネグラ服用後30~60分で効果が発現し、5時間前後効果が持続します。

効果は服用後60分ほどで最大値に達し、その後は徐々に低下していきます。

 

副作用と注意点

一般的な副作用は、血管拡張作用による頭痛や顔のほてり、血圧低下によるめまい、動悸、消化不良などが報告されています。

また、目の充血や鼻詰まりなど、バイアグラでもみられた症状があらわれることもあります。

一時的な視力低下や目の灼熱感、眼球の腫脹など、目に関する副作用もシルデナフィルクエン酸の副作用として報告されているので注意が必要です。

ペネグラの副作用の多くは一過性のものなので、時間の経過とともにだんだん薄れていきます。

なかなか症状が収まらなかったり症状が強いと感じたりした場合は、ペネグラの服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

 

重篤な副作用では心筋梗塞、心室性不整脈などの心臓に関する症状や脳出血、狭心症、一過性脳虚血発作などの脳に関する症状が報告されています。

ほかにも高血圧や、最悪の場合は心原性突然死が引き起こされる場合があります。

これらの副作用は全てではありませんが、心血管系に何らかの危険因子を抱えている方に多いという特徴があります。

そのため、心血管系に危険因子や症状がある方はペネグラの服用を避けましょう。

 

服用してはいけない人

上記でも触れているように、ペネグラは心血管系に何らかの症状や危険因子を抱えている方が服用すると重篤な副作用が引き起こされる危険性があります。

そのため、心血管系障害を有する人や医師から性行為を止められている方はペネグラを服用することができません。

また、過去6ヶ月以内に心不全や不安定狭心症、あるいは命に関わる不整脈を発症したことがある方も同様に服用が禁止されています。

 

ほかにも、重度の肝障害の症状がある方もペネグラを服用することができません。

ペネグラは主に肝臓で代謝されて体外へ排出されるため、肝硬変など重度な肝障害がある方が服用すると体外への排出が遅れてしまう可能性があります。

その結果、血中濃度が高い状態が長く維持されてしまい、効果が強く出たり副作用があらわれてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

また、ペネグラには血圧へ影響を与える作用があります。

そのため、低血圧の方が服用すると血圧が下がりすぎてしまい、立ちくらみ等の症状を引き起こすおそれがあります。

症状を悪化させてしまう可能性があるため、治療や管理がされていない高血圧の症状がある方が服用するのも禁止されています。

 

網膜視細胞に分布している酵素の活性を、ごくわずかに阻害する可能性があるので網膜色素変性症の症状がある方も服用することができません。

この症状がある方がペネグラを服用すると、症状が悪化してしまうおそれがあります。

該当する症状がある方はペネグラの服用を避け、違う方法でEDを改善するようにしましょう。

 

これだけでなく、特定の医薬品を服用している方もペネグラの服用を禁止されています。

ペネグラには併用してはいけない薬がいくつかあり、そういった薬と一緒に服用すると重篤な副作用が引き起こされる危険性があります。

すでに何らかの医薬品を服用している方は、ペネグラを服用しても問題ないか、かかりつけの医師や専門の医師にご相談ください。

 

ペネグラと併用してはいけない薬

ペネグラは、塩酸アミオダロンやニトログリセリンを含んだ医薬品との併用が禁止されています。

これらの医薬品とペネグラを併用すると、血圧降下作用が増強されて血圧が下がりすぎてしまうおそれがあります。

血圧が過度に下がった結果、死亡事故につながる危険性もあるので注意が必要です。

また、一酸化窒素供与剤も同様の理由で併用を禁止されているため、これらの医薬品を服用している方はペネグラの服用を避けてください。

 

また、リオシグアトという成分を含んだ医薬品にも注意が必要です。

この成分はグアニル酸シクラーゼという酵素を刺激することで、血管拡張物質の産生を促す働きがある成分です。

血管拡張作用があるペネグラと併用すると、細胞内で血管拡張物質の濃度が過度に高まって全身の血圧に影響を与えるおそれがあります。

最悪の場合、重篤な副作用を引き起こしてしまう可能性もあるので十分注意しましょう。

 

ペネグラと併用するときは注意が必要な薬

また、ペネグラには併用できない薬だけでなく、併用に注意が必要な薬もあります。

その中の1つがチトクロームP4503A4阻害薬やエリスロマイシン、イトラコナゾール等の一部の抗菌薬です。

これらの薬は肝臓にある酵素の働きを阻害し、肝臓の代謝機能を低下させるおそれがあります。

その結果、ペネグラの血中濃度が上昇して半減期を遅らせてしまう可能性があります。

薬の効果が強く出すぎてしまったり、思わぬ副作用を引き起こしてしまうおそれがあるので気をつけましょう。

 

反対に肝臓にある酵素を誘導するチトクロームP4503A4誘導薬にも注意が必要です。

ポセンタンやリファンピシン等の薬がこれに該当しますが、これらの薬は肝臓の酵素を誘導して代謝能力を高める働きがあります。

これにより、通常よりも早くペネグラの血中濃度が低下するようになってしまい、十分な効果を得られなくなってしまいます。

肝臓の代謝能力に影響を与える薬を服用する必要がある方は、十分注意しましょう。

 

心血管系に影響を与える薬を服用している場合も気をつけなくてはなりません。

ドキサゾシン等のα遮断薬や、カルペリチド等の急性心不全治療薬には血管を拡張させて血圧を低下させる効果があります。

そのため、ペネグラと併用すると相乗効果によって血圧降下作用が増強されてしまうおそれがあります。

実際にドキサゾシンと併用した場合、自覚症状を伴う血圧降下を来したという報告もされていますのでご注意ください。

 

ペネグラを服用する際の注意点

ペネグラを服用する際は、必ず1日の用法用量を厳守して過剰摂取をしないようにしてください。

継続してペネグラを服用したい場合は、必ず24時間以上の間隔を空けてから次の分を服用するようにしましょう。

 

また、服用する際は脂肪分を含んだ飲み物やグレープフルーツジュースを避けてください。

これらの飲み物でペネグラを服用すると、効果や効き目に影響が出てしまい、本来の効果を得ることができなくなってしまいます。

アルコールとの併用も避け、水やぬるま湯など影響を与えない飲み物で服用するようにしてください。

 

ほかにも、65歳以上の方は血中濃度が増加するので25mgから服用を始めるという注意点もあります。

本剤の服用により、一時的なめまいや視覚症状があらわれる恐れもあるので、車の運転や危険を伴う機械の操作には十分気をつけてください。

持続勃起症につながる可能性がある疾患を持っている方や、他のED治療薬を服用している方もペネグラの服用に注意が必要です。

 

 

ペネグラを使った人たちの口コミ紹介

インターネットには、ペネグラを服用したことがある方々の口コミが投稿されています。

口コミはあくまでもその薬を使った方々の個人的な意見ですが、事前にチェックしておくとその薬について大体知ることができます。

これから新たにペネグラを服用しようと思っている方のために、ペネグラの口コミを良い内容と悪い内容、それぞれ3つずつご紹介します。

良かった口コミ

男性レブさん(50代)
安い!って思って買ったのが使い始めたきっかけ。
100mg錠を分割して服用していますが、バイアグラと変わらない効き目です。
中折れする心配もなく、最後まで行為を楽しめるのでこれからも愛用する予定です。
男性枝助さん(30代)
EDを自覚してから現在まで、ずっとペネグラを飲んでます!
病院には行きにくくて困っていましたが、通販なら家でパパッと買えるので使いやすく、簡単にEDを改善できます。
ペネグラの服用を始める前に比べると全然違います、効果てきめんです。
男性春虎の尾さん(40代)
副作用が不安でしたが、それほど強くありませんでした。
バイアグラと同じ成分が使われているだけあって、勃起を助ける効果もバッチリ。
満足できる効果だったので、バイアグラではなくてペネグラでもいいかもしれません。

微妙だった口コミ

男性真朱さん(60代)
1錠の大きさが少し大きいかな。割ったら飲みやすくなりますが、大きめの薬を飲むのが苦手な私は使いにくく感じました。
男性康晴さん(40代)
バイアグラより安い値段が魅力的ですが、効果はバイアグラよりも弱いかもしれない。
それとも体に合っていなかっただけ?わかりませんが、期待していたほどの効果はありませんでした。
男性Kotaさん(30代)
予想よりも副作用が強く、ひどい頭痛に悩まされました。
これでEDが治るのかもしれませんが、飲むたびに体調が悪くなるのでは肝心のセックスができません。
いつもパートナーに心配されて何もできずに終わるので、ペネグラの服用はやめる予定です。

ペネグラを通販で購入するなら

ペネグラバイアグラジェネリックの1種であるペネグラは、通販でしか手に入れることができないED治療薬です。

安い値段でバイアグラに負けないくらいの効果を得られるので、お得にEDを改善したいとお考えの方に適しています。

少しでも費用を安く抑えつつ、EDを改善したいとお考えの方はぜひペネグラをお試しください。

 

ペネグラの購入はこちら