病気やお薬のことをわかりやすく解説

ビゴラの通販情報・口コミ紹介

           VIGORA

多くの男性にとっての密かな悩みとして抱えられているのが、EDです。

人知れず悩む人が多い病気ですが、EDは今では治療薬によって改善できるようになりました。

病院へ行くことに抵抗感がある人も、ED治療の薬は通販で購入できることが増えたので、人の目を気にせず治療に打ち込むことが可能です。

ビゴラは、通販で購入できるEDの治療薬の1つです。

なんと、あのバイアグラのジェネリックにあたる薬ということで、ED気味の男性から注目されています。

 

ビゴラを取り扱っている通販サイトと価格

通販 ココロ薬局 ライフパートナー 治療薬局 医薬品アットデパート
1箱(4錠) 1,980円 1,980円 1,980円 1,880円
1錠あたり 495円 495円 495円 470円
7箱分(28錠) 11,090円 11,090円 11,090円 4,478円

検索してみるとわかりますが、ビゴラを販売している通販サイトは数多く見られます。

通販を使おうと思っても、どの通販サイトを利用すれば良いのかわからない人もいるかもしれません。

ここでは、最も比較しやすい価格面というポイントについて注目し、4つの通販サイトを比較対象にしてみました。

 

通販では、一箱ずつ購入した時よりも、数箱分をまとめ買いした時の方が割引されて安くなることが多いです。

そのため、購入を決める前には、一箱分の価格とまとめ買いした時の価格をそれぞれ確認することをおすすめします。

4つのサイトのうち、3つのサイトは価格に違いがありません。

1箱あたりの最高価と最安価を比較したところ、価格差は100円でした。

しかし、7箱分の最高価と最安価を比較すると、6,000円以上という大きな価格差が見られます。

このように、まとめ買いによる割引はサイトによって差が見られやすいです。

まとめ買いを考えている人は特に注意しましょう。

最安価は医薬品アットデパートで、7箱分が他のサイトの半分以下の価格となっています。

まとめて7箱分ほどの購入を考えている場合は、医薬品アットデパートを利用するとお得ではないでしょうか。

 

ただし、医薬品アットデパートは価格が安い分、ポイントが溜まりにくいという点があります。

通販サイトのほとんどでは、購入に合わせてポイントを貯められるポイントシステムが設けられています。

ポイントを多く貯めることで、次回以降の注文時に活用できるのです。

医薬品アットデパートでは、1箱1,880円につきポイントが18ポイント加算されます。

一方で他のココロ薬局、治療薬局、ライフパートナーの3つのサイトでは、1箱1,980円につき59ポイントが加算されることになっています。

1箱分だけで3倍のポイント差があることになります。

同じ通販サイトを繰り返し利用したいと考える人、そこまでまとめ買いにこだわっていない人は、着実にポイントを貯めやすいサイトを利用するという方法も選択できるでしょう。

 

また、通販サイトは安さだけではなく、安全性という面からも慎重に選ぶ必要があります。

安価で買えると思っても、悪徳業者のサイトに引っかかってしまったら元も子もありません。

メールアドレスだけでなく電話番号まで記載しているサイトは、通販サイト側の情報をそれだけ利用者へ開示してくれていることになるので、サイトの信用性を判断する時にはチェックした方がいいポイントです。

また、クレジット決済を利用できるサイトは、カード会社からの信用があるという証拠になります。

クレジット決済をする予定がなくても、確認しておいて損はないはずです。

上記したココロ薬局、ライフパートナー、治療薬局、医薬品アットデパートの4サイトはいずれも電話番号を開示しており、Webからだけでなく電話からの注文も行うことができます。

さらに、4サイトともクレジット決済の利用が可能です。

価格、購入するペースの予想、サイトの信用性などの点から、自分にとって使いやすいサイトを選んでみましょう。

 

ビゴラとは

ビゴラは、バイアグラのジェネリックとして作られた、ED治療薬の1つです。

特徴として、バイアグラと同じED改善への強い効果と、バイアグラと比較した時の価格差が挙げられます。

バイアグラは、いわずと知れた有名なED治療薬です。

世界で初めてED治療のために誕生した薬であり、世界中の男性から支持を受けました。

日本でも知名度が高く、病院でバイアグラによる治療を受けている人は未だに少なくありません。

バイアグラには、それだけ効果の実績と信頼があるのです。

ですが、バイアグラは日本において保険適用外の治療薬という扱いであるため、全額負担で処方されています。

保険適用外の薬は病院側が価格を決められるようになっているので、病院ごとにバイアグラの価格にばらつきが見られるのも致し方ありません。

バイアグラは、ほとんどの病院で1錠あたり1,500円ほどで販売されています。

信頼と実績を誇るバイアグラですが、どの病院でも高額で取り扱われているために、治療を断念する男性も珍しくないのです。

こういった価格面を救ってくれるのが、ジェネリックのビゴラです。

通販サイトの比較で見たところ、ビゴラは1錠あたり約500円で販売されることが多いようです。

これはバイアグラの約1/3の価格であり、バイアグラより格段に安く購入できることがわかります。

ここまで価格差があっても、ビゴラはバイアグラと全く同じ有効成分を使って作られているため、ED治療薬としてはバイアグラと同じ効果を発揮してくれます。

もし、バイアグラを使用したことがない人でも、ビゴラを使用することでバイアグラの効果を体感できることになります。

また、病院の処方ではなく通販という手段で人知れず購入できるという点も、ビゴラに注目が集まるポイントの1つです

「強い効果のある薬を、できるだけ安く人に知られないよう購入したい」という人は、ビゴラを試してみることで、思わぬ効果を得られるかもしれません。

 

おすすめポイント

ポイントを紹介する医者1錠服用するだけでED症状を一気に克服

リーズナブルでも効果は抜群

国内流通のバイアグラより有効成分含有量が多い

薬のタイプ 内服薬(錠剤)
有効成分 シルデナフィル
製薬会社 ジャーマンレメディーズ

 

ビゴラの効果と作用

ビゴラの持つ効果は、EDの原因になる体の仕組みに直接働きかけるものです。

ビゴラの有効成分として含まれているシルデナフィルクエン酸には、性器周辺の血流を促進する効果があります。

男性器の勃起反応には、性器周辺に張り巡らされている血液の循環が深く関わります。

性的刺激によって脳から勃起のための信号が伝達され、信号を受けた陰茎海綿体の動脈が開いて血液の流れを促進します。

勃起は、血液がペニスに多く流れ込むことで見られる現象なのです。

しかし、加齢や生活習慣によって血流が悪くなったり神経の伝達がうまくいかなくなってくると、ペニスに十分な血液が行き届かなくなります。

これがEDの症状につながることになります。

ビゴラは、勃起が難しくなった男性の体に変化を与えます。

男性の体には、勃起のために血管を拡張する物質が備わっていますが、PDE5という酵素によってこの物質の活動は阻害され、勃起を抑えられることが多いです。

ビゴラの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は、PDE5の働きを一時的に抑える作用を持っています。

この作用によって血管が拡張されやすくなり、血液が性器に多く流れ込むことで勃起状態を維持しやすくなります。

こうして、EDの症状から解放されることになるのです。

ビゴラは性的興奮剤ではないので、服用した瞬間から勃起が治まらなくなったりするということはありません。

服用後に時間を置いてから性的刺激を受け、血流促進作用により勃起するようになっています。

性行為に合わせ、自分のタイミングで勃起することが可能です。

用法用量

ビゴラは性行為の約1時間前に服用することで、最も効果を引き出しやすくなります。

1回の使用で1錠またはカットした錠剤を、水やぬるま湯といっしょに服用してください。

 

ビゴラの1日あたりの服用上限は1回までで、服用上限量も1錠(100mg)までと決められています。

これを超える量の服用は絶対に避けてください。

連日続けて服用する場合は、前回の服用から24時間以上の間隔を開けるようにしましょう。

 

また、ビゴラは1錠あたりに100mgのシルデナフィルクエン酸を配合して作られていますが、これは海外の体格を目安に配分された成分量です。

日本人の体に適切なシルデナフィルクエン酸は25~50mgと考えられています。

このため、1錠分をそのまま服用すると、効果が強すぎたり重度の副作用が現れやすくなる可能性が高まります。

初めてビゴラを服用する人や、効果や副作用に不安がある人は、ビゴラの錠剤を半分もしくは1/4にカットして服用してください。

効果時間

ビゴラはバイアグラと同様に、服用後約30~60分で効果が発現し、5時間前後効果が持続します。

ただし、効果は服用後60分ほどでピークを迎え、その後は徐々に低下していきます。

 

副作用と注意点

ビゴラは安全な薬ですが、体質や使い方によってはトラブルにつながることもあります。

ビゴラの副作用や使い方の注意点については、新薬であるバイアグラとほとんど変わりません。

副作用

ビゴラの副作用として多く見られる症状はめまい、頭痛、動悸、顔のほてり、鼻詰まりなどです。

これらの症状は、ビゴラの持つ血管拡張作用によって現れるものです。

そのため、ビゴラの効能時間が切れるとともにほとんどの症状は治まっていきます。

ですが、まれに持続勃起症などの重度の副作用が現れることもあります。

重度の副作用が現れたり、効能時間が過ぎてもなかなか副作用が治まりそうにない場合は、病院での受診が推奨されます。

 

ビゴラを服用できない人

体質や持病によっては、ビゴラの服用を認められない場合があります。

次の条件に該当する人は、安全のためにもビゴラの服用を避けてください。

シルデナフィルクエン酸にアレルギー反応を起こした事がある人

ビゴラの主成分であるシルデナフィルクエン酸にアレルギーがある場合は、ビゴラを服用してはいけません。

 

医師から性行為を推奨されていない人

性行為を不適切とされている人は、ビゴラの効果が体に影響を及ぼす可能性があるため、使用を避けてください。

 

重度の肝機能障害がある人

肝臓は、勃起を促進する男性ホルモンの合成や分解に関わっている臓器です。

この肝臓の機能の低下が、EDを引き起こしていることもあります。

重度の肝機能障害がある場合、ビゴラの作用によって肝機能に異変を及ぼす可能性が高いため、服用は禁止されています。

 

心血管系の障害がある、低血圧や管理されていない高血圧である人

このように、血管に障害や疾患が見られている人がビゴラを服用すると、血管拡張作用によって血管や血液循環に異変を起こす可能性があり危険です。

そのため、これらの疾患に当てはまる人はビゴラの服用は厳禁です。

 

脳梗塞・脳出血・心筋梗塞を6ヶ月以内に引き起こした人

これらの疾患は、いずれも血管に異常が起きることによって現れるものです。

ビゴラで突然血管を拡張すると、体に負担をかけることになる可能性があります。

血管に急激に影響を及ぼすビゴラの服用は、危険なので避けてください。

 

網膜色素変性症の人

網膜色素変性は、PDE6の遺伝子異常によって引き置こされる病気です。

ビゴラはPDE5の働きに作用する薬なので、服用するとPDE6にも影響を及ぼす恐れがあります。

このことから、PDE5阻害薬といわれる作用を持つビゴラの服用は禁止されています。

 

ビゴラの服用に注意が必要な人

完全に禁止ではありませんが、ビゴラの投与を慎重に行う必要のある条件もいくつかあります。

他のED治療薬を服用中の人、陰茎の構造に欠陥がある人、消化性潰瘍や出血性疾患がある人、多系統萎縮症の人は、注意しながらビゴラを服用してください。

 

ビゴラと併用禁忌、併用注意の薬

ビゴラにはいくつかの併用禁忌薬があります。

以下の薬は併用禁忌薬に当たるため、服用中の人はビゴラの服用を避けてください。

硫化剤や一酸化窒素供与剤

血圧が急激に下げられるため

アミオダロン塩酸塩

QTc延長作用が現れる可能性がある

sCG刺激剤

症候性低血圧を発症する恐れがある

 

また、禁忌薬ではありませんがビゴラとの併用を注意する薬もあります。

降圧剤、α遮断薬、カルペリチドが注意対象の薬にあたります。

このような薬を服用中の人は、ビゴラを服用する際は慎重に行ってください。

不安に思うことがあれば、医師に確認をとっておくといいでしょう。

 

ビゴラを服用するタイミング

ビゴラを服用する時間帯は厳格に決められていませんが、できるだけ空腹状態で服用することが推奨されています。

ビゴラの錠剤は、服用後は腸内で溶かされて吸収されます。

体内に食べ物が残っている状態で服用すると、有効成分の吸収が遅れ、結果的にビゴラの効果が半減する恐れがあります。

ビゴラの主成分であるシルデナフィルクエン酸は、食べ物の影響を受けやすい成分なので、特に注意が必要です。

ビゴラの効果を十分に引き出すためにも、空腹状態での服用を心がけましょう。

もし食事をとった場合は、食後2時間ほど時間を開けてから服用してください。

 

ビゴラの効果を妨げるもの

ビゴラの効果を妨げるものとして挙げられるのが、グレープフルーツです。

グレープフルーツにはシルデナフィルクエン酸の吸収を遅らせる物質があり、この物質の影響によって副作用が強く現れやすくなります。

グレープフルーツそのものだけではなく、グレープフルーツジュースなどの加工食品も含まれます。

ビゴラ服用の前後には、グレープフルーツを口にしないでください。

 

ビゴラとアルコールの併用について

ビゴラ服用時に少量のアルコールを摂取すると、アルコールのリラックス効果によってビゴラの効能をより引き出せることがあります。

しかし、多量のアルコールとの併用は危険です。

アルコールにもビゴラと同じ血管拡張作用があるため、ビゴラと併用すると血管拡張作用が強められ、血圧が急激に下げられたり貧血を起こしたりする可能性があります。

また、血流が促進されることでアルコールの巡りが早くなり、酔いやすくなることもあります。

ビゴラとアルコールを併用する場合は、アルコールの摂取量に注意しましょう。

 

ビゴラを使った人たちの口コミ紹介

インターネットには、ペネグラを服用したことがある方々の口コミが投稿されています。

口コミはあくまでもその薬を使った方々の個人的な意見ですが、事前にチェックしておくとその薬について大体知ることができます。

これから新たにペネグラを服用しようと思っている方のために、ペネグラの口コミを良い内容と悪い内容、それぞれ3つずつご紹介します。

良かった口コミ

男性赤石赤太(50代)
バイアグラに回すお金がないので、ジェネリックで手を打とうと思いました。
30分ぐらいしたらすでに調子が良くて、文句なし。
ジェネリックでこれなら、バイアグラはもっとすごかったりするのだろうか。
男性イケ麺さん(30代)
食べる前にぽいっと飲んで、はい完了。とても楽でいいです。
今の所はEDの疑い持たれてなさそうだし、周囲にはこのまま隠したいので、ビゴラさん何卒よろしくお願いします(笑)
男性モナ男さん(40代)
バイアグラを使ったことがあるので、効果が同じなのはなんとなくわかりました!
それでこの値段なのはすごい!

微妙だった口コミ

男性家の皮むき器さん(40代)
ベッドインはいつも夕食後なのですが、ビゴラのために食べられないのがつらいです。
がまんできずに食べてしまい、そこから飲むのを2時間待つ羽目に…
しかも、しっかり2時間待ってから飲んだんですけど、効果が弱くてびっくりでした。2時間後ではまだ早いのでしょうか?正直困りますね…
男性日本の井村さん(40代)
勃つには勃つんですけど、その間はずっと頭痛が続くので気になります。
股間も頭もズキズキします。
男性匿名さん(30代)
完全なEDというよりは、ED予備軍みたいな状態なんですよね。
だからなのか、飲んでからも効果が出ているという感覚はあんまりなかったです。
もっとバキッとそそり勃つのかと思った…期待しすぎたのかな?

ビゴラを通販で購入するなら

VIGORAEDの治療を安く済ませたい男性の皆さんには、ビゴラ通販がおすすめです。

ビゴラはED治療の薬の中でも有名な、あのバイアグラのジェネリックです。

バイアグラと同じ効果を持ちながら、価格はバイアグラのおよそ1/3という低価格。

思わぬ安さと手軽さで、EDの改善を目指してみませんか?

 

ビゴラの購入はこちら