病気やお薬のことをわかりやすく解説

ゼネグラの通販情報・口コミ紹介

           ゼネグラ

世界初のED治療薬として登場し、古くからEDの改善に使われているバイアグラ。

発売されてから長い時が経った今では、さまざまなメーカーからバイアグラのジェネリック医薬品が作られています。

その中の1つがゼネグラで、先発薬にあたるバイアグラと同じ成分が含まれています。

安価に購入できるので、バイアグラよりもお得に使える商品として人気と注目を集めています。

バイアグラと変わらない効き目がある薬で、お得にEDを改善したい方に最適な商品です。

バリフゼリーを取り扱っている通販サイトと価格

通販 ココロ薬局 KUSULIX ベストケンコー くすりエクスプレス
100mg×8錠 3,150円 3,700円 3,481円 3,549円
100mg×24錠 8,500円 10,100円 4,920円 5,016円
100mg×40錠 13,380円 16,300円 5,640円 5,750円

ゼネグラは、日本国内ではまだ承認されていないED治療薬です。

そのため、日本国内の病院や専門のクリニックで処方してもらうのは難しく、通販での購入が一般的とされています。

ゼネグラをはじめとしたED治療薬を取り扱っている通販は多数運営されており、各サイトによって販売価格が少しずつ違います。

よりお得にゼネグラを手に入れるには、少しでも安く購入できる通販を利用する必要があります。

そこで、ゼネグラを取り扱っている4つの通販の価格を比較してみました。

 

4つのサイトのうち、全体的に価格が安く設定されているのはココロ薬局です。

ゼネグラ1箱の定価は3,500円ですが、ココロ薬局では3,150円で販売されているので350円安く購入できます。

購入する量が増えた場合でも価格が安くなるため、まとめ買いをしたいときにも適しているといえます。

 

まとめ買いの価格に注目した場合、もっとも安くなるのはベストケンコーです。

くすりエクスプレスも同様に、ゼネグラ1箱あたりの価格よりも、まとめ買いをしたときの価格のほうが安くなっています。

そのため、ゼネグラをまとめて購入したいときはベストケンコーやくすりエクスプレスが適しているといえます。

自分がどのようにゼネグラを購入したいかに合わせて、利用する通販を使い分けましょう。

 

また、通販にはそれぞれのサイトに特徴があります。

ゼネグラの販売価格だけでなく、こういった特徴にも注目するとどの通販を利用するか選びやすくなります。

たとえば、ココロ薬局の場合はサイトで指定されている方法で代金を支払うと、サイト内で使えるポイントを受け取れるキャンペーンが行われています。

どの通販を利用するか迷ったときは、ゼネグラの価格だけでなくどのようなサービスやキャンペーンが行われているかにも目を向けてみましょう。

 

ゼネグラとは

ゼネグラは、インドにあるアルケム・ラボラトリーズ社から製造、販売されているジェネリック医薬品です。

バイアグラとよく似た形をした青色の錠剤で、1錠に有効成分が100mg配合されています。

効き目はバイアグラと変わらないものを期待することができ、効果的にEDを改善します。

それでいて、価格はバイアグラよりも安いのでお得にお使いいただけます。

 

ゼネグラの一番の特徴は、配合されている有効成分の量です。

日本で使われているバイアグラは、1錠に25~50mgほどの有効成分が配合されています。

多くの場合は1錠で十分な効果を実感できますが、場合によってはバイアグラでも十分な効果を得られないことがあります。

これに対し、ゼネグラは1錠あたりの成分配合量がバイアグラよりも多めに作られています。

そのため、バイアグラでは十分に改善できなかった症状に対しても改善効果が期待できます。

 

また、ゼネグラは分割して用量を調節しやすくなっています。

EDの症状はもちろん、効果や副作用の感じ方に合わせて服用する量を調節できるので、自分の体に合っている量で服用を続けられます。

バイアグラを服用している方の場合、バイアグラではなくてこちらを購入し、分割して使うことでコストを抑えるといった使い方も可能です。

このような特徴があるので、ゼネグラはバイアグラよりも使い方の幅が広いといえます。

 

ED治療薬を試してみたい方や薬代をできるだけ抑えたい方に選ばれている、優れたジェネリック医薬品です。

 

おすすめポイント

ポイントを紹介する医者バイアグラジェネリックの中でもお手頃価格!

安くてもバイアグラと同じ成分だから効果も一緒

中折れもパワー不足もコレ1つで解消

薬のタイプ 内服薬(錠剤)
有効成分 シルデナフィル
製薬会社 アルケム・ラボラトリーズ

 

ゼネグラの効果と作用

ゼネグラの効果は、バイアグラと同様にEDの改善です。

有効成分としてシルデナフィルクエン酸という成分が配合されており、この成分の作用によって勃起を維持できる状態へ導きます。

バイアグラで十分に効果があると証明された成分なので、安心して服用できます。

 

勃起をするためには、勃起中枢が大脳からの指令を受け、陰茎の細動脈壁から一酸化窒素を分泌する必要があります。

一酸化窒素が分泌されると、血管を拡張させる体内物質が増えて海綿体平滑筋の緊張が緩みます。

これにより、血液の流れが良くなって陰茎へ血液が流れ込み、勃起します。

 

反対に、勃起した状態から元の状態に戻るときはある酵素の働きが必要です。

体内にはさまざまな酵素がありますが、その中には血管拡張物質を分解する働きをする酵素があります。

この酵素が血管拡張物質を分解し、血管を元の状態に戻して勃起を鎮めます。

本来ならこれらの体内物質と酵素がバランス良く働いていますが、EDになると酵素のほうが多くなりバランスが崩れてしまいます。

結果、勃起してもすぐに鎮められてしまい、EDの症状に繋がります。

 

シルデナフィルクエン酸には、勃起を鎮める働きがある酵素の活性を阻害する効果があります。

血管拡張物質が分解されない状態にして、陰茎周辺部にある一酸化窒素作動性神経に影響を与えて血管を拡張させます。

この効果によって陰茎に流れ込む血液量を増加させ、勃起をサポートします。

 

このように、ゼネグラはEDの原因になっている酵素に作用して症状を改善します。

EDの改善はもちろん、中折れ防止や持続力強化を目的としてもお使いいただけます。

用法用量

1日1回、1回につき1錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

性行為の1時間前に服用するようにし、連続して服用する場合は24時間以上の間隔を空けてください。

空腹時の服用が推奨されていますが、食後2~3時間以上の時間を空けてから服用することも可能です。

効果時間

ゼネグラ服用後30~60分ほどで効果が発現し、5時間前後効果が持続します。

 

効果は服用後60分ほどでピークを迎え、その後は徐々に低下していきます。

副作用と注意点

ゼネグラの副作用は、バイアグラと同じです。

具体的には頭痛や鼻詰まり、顔のほてり、目の充血などの症状です。

これらの症状は、ゼネグラの血管拡張作用によって体各所の血液量が増えることで引き起こされ、多くの場合はしだいに収まります。

頭痛の症状が重いと感じる場合は、頭痛薬の併用で対処することも可能です。

しかし、なかなか副作用が収まらないと感じる場合は医療機関で診察を受けてください。

 

ほかにも、動悸や血圧降下によるめまい、腹痛や吐き気、消化不良などの胃腸症状、のぼせ感などが報告されています。

一部の医薬品と併用すると重篤な副作用があらわれる可能性があるため、注意してください。

 

ゼネグラの併用禁忌薬

・塩酸アミオダロンやニトログリセリンを含んだ硝酸剤、一酸化窒素供与剤

これらの医薬品と併用することによって、血圧降下作用を増強するおそれがあります。

血圧が下がりすぎた結果、死亡事故につながる可能性もあります。

成分の種類が多く、剤形も経口薬や吸引薬、貼り薬など豊富なので注意が必要です。

・リオシグアトを含んだ医薬品

リオシグアトは、グアニル酸シクラーゼという酵素を刺激して血管拡張物質の産生を促し、血管を拡張させる成分です。

ゼネグラと併用すると細胞内で血管拡張物質の濃度が高まり、全身の血圧に影響を与えるおそれがあります。

過度に血圧を下げる危険性が高いので、併用は避けてください。

 

ゼネグラの併用注意薬

・チトクロームP450 3A4 阻害薬やケトコナゾール等の一部の抗菌薬

抗菌薬は、エリスロマイシンやイトラコナゾール、ケトコナゾールなどが該当します。

肝臓にあるチトクロームP450 3A4という酵素の働きを阻害して肝臓の代謝機能を低下させるため、ゼネグラの血中濃度を上昇させるおそれがあります。

半減期を遅らせて思わぬ副作用を発現させたり、薬の効果が強く出すぎてしまったりする可能性もあります。

・チトクロームP450 3A4 誘導薬

ボセンタンやリファンピシンなどの医薬品がこれに該当します。

チトクロームP450 3A4を誘導する作用によって、肝臓の代謝能力を高めるため、通常よりも早くゼネグラの血中濃度が低下します。

これにより、ゼネグラの本来の効果が失われてしまう可能性があります。

・アムロジピン等の降圧剤

ゼネグラには、血管を拡張させることによる降圧作用があります。

同じように血圧を下げる効果がある降圧剤と併用すると、相乗効果によって降圧作用が増強される可能性があります。

その結果、めまいや立ちくらみ等の副作用が発現するリスクが高まるおそれがあります。

・ドキサゾシン等のα遮断薬

血管を拡張させて血圧を降下させる作用があるため、ゼネグラとの相乗効果で降圧作用を強めてしまうおそれがあります。

めまい等の自覚症状を伴う血圧低下を来したという報告もされていますので、注意が必要です。

・急性心不全治療薬であるカルペリチド

この医薬品には、ゼネグラ同様に血管拡張物質を増加させて血管を拡張させる効果があります。

ゼネグラと併用すると、相乗効果によって降圧作用が増強されてしまうおそれがあります。

まだゼネグラとの相互作用に関する臨床や基礎実験等のデータはありませんが、ご注意ください。

 

ゼネグラを服用してはいけない人

・未成年の方

成人を主な対象としており、未成年への安全性は確立されていません。

・心臓に関わる持病や症状がある方

性行為時は心拍数や血圧、心筋酸素消費量が増加することがわかっています。

そのため、狭心症や重度の心血管系障害、心不全などの症状がある方には性行為自体が危険行為と考えられています。

過去6ヶ月以内に心不全や不安定狭心症、命に関わる不整脈等を発症した方や、心筋梗塞を患ったことがある方もゼネグラを服用しないでください。

・脳血管に何らかの症状がある方

脳梗塞や脳出血など、脳血管に疾患がある方は血圧の変化に対し、脳循環を一定に保つ機能に障害があるとされています。

血圧の下降が脳循環の低下に結びつく可能性があるため、これらの症状がある方はゼネグラの服用を禁止されています。

・重度の肝障害がある方

肝臓の機能が低下している状態で服用すると、ゼネグラの排泄が遅れて血中濃度が増大する可能性があります。

その結果、薬の効果が強く出すぎてしまったり副作用が発現しやすくなるおそれがあります。

・併用禁忌薬に該当する医薬品を服用している方

上記で説明した併用禁忌薬を服用している方は、ゼネグラの服用を避けてください。

薬の相互作用によって重篤な副作用が引き起こされるため、危険です。

・血圧90/50mmHg未満の低血圧または血圧170/100mmHg以上の未治療の高血圧がある方

血圧が下がりすぎて立ちくらみ等の症状が出る可能性があります。

場合によっては症状を悪化させる可能性もあるので、低血圧の方や治療されていない高血圧の症状がある方は服用を避けてください。

・網膜色素変性症(進行性の夜盲)の症状がある方

網膜視細胞に分布している酵素の活性をごくわずかにですが阻害することがあります。

そのため、この症状がある方がゼネグラを服用すると症状が悪化するおそれがあります。

陰茎海綿体に分布している酵素に対する阻害作用の約1/10の効力ですが、注意が必要です。

 

服用する際に注意するべきこと

・1日の用法用量を厳守してください

1日あたりの服用量を厳守し、過剰に服用しないよう注意してください。

続けてゼネグラを服用したい場合は、必ず24時間以上の時間を置いてから次の分を服用してください。

・脂肪分が含まれている飲み物での服用は避けてください

牛乳等の脂肪分が含まれている飲み物で服用すると、ゼネグラの吸収が妨げられる可能性があります。

効果が出なくなったり、効き目があらわれるまで時間がかかったりしてゼネグラの本来の効果が失われてしまう可能性があるので注意してください。

・グレープフルーツとの併用は避けてください

グレープフルーツに含まれている酵素の働きによって、ゼネグラの分解が遅れて効果が増強されるおそれがあります。

果実そのものだけでなく、ジュースにも含まれているので注意してください。

・アルコールとの併用は避けてください

血管拡張作用により、通常時よりもアルコールが回りやすくなります。

また、副作用を増強させてしまうおそれもあるので注意してください。

・食後に服用する場合は内容と量に注意

ゼネグラは、食事の影響を受けやすく満腹の状態で服用すると効果が半減します。

また、脂肪分を多く含んだ脂っこい食事をとると、ゼネグラが吸収されにくくなってしまいます。

このような特徴があるため、ゼネグラは空腹時での服用が推奨されています。

どうしても食後に服用する必要がある場合は、あっさりとした食事を腹七分目までとり、2時間ほど時間を置いてから服用してください。

 

ゼネグラを使った人たちの口コミ紹介

ゼネグラを取り扱っている通販では、ゼネグラに関するさまざまな口コミも掲載されています。

こういった口コミを事前に確認しておくことで、ゼネグラとはどのような医薬品なのか知っておくことができます。

ゼネグラにはどのような口コミがあるのか、いくつかピックアップしてご紹介します。

 

良かった口コミ

男性ヤツジローさん(50代)
バイアグラと変わらない効き目があるから安心して使えます。
値段はこっちのほうが安いし、お得かそうでないかで考えたらゼネグラのほうがはるかにお得。
バイアグラの値段で少し困っていたので、これからはゼネグラを使わせてもらいます。
男性はるおみさん(40代)
見た目がバイアグラとそっくりで驚きました。
効果もそっくりで、バイアグラを飲んでいたときと同じような効果がありました。
男性栗花落さん(60代)
クリニックに行くのは恥ずかしいですが、これなら大丈夫です。
自宅にいながらEDの対策ができるので助かります。

微妙だった口コミ

男性Turunagaさん(30代)
今まで使ってきたED治療薬の中で、一番効かなかった。
ジェネリック医薬品の中ではいまいち。最初からバイアグラを飲んだほうがいいと感じました。
男性真鯉さん(40代)
海外のジェネリック医薬品だからでしょうか、副作用が思っていたよりもきつかったです。
バイアグラを飲んだときよりも、きついと感じたので飲むときは注意が必要だと思います。
分割して飲んでもあまり変わらなかったので、体に合っていなかったのかもしれません。
男性松鳥さん(60代)
錠剤が大きくて飲みにくい。効果は強いが長続きしない。
安く販売されているのは助かるが、ED対策としては使いにくい薬だと感じた。

ゼネグラを通販で購入するなら

ゼネグラバイアグラのジェネリック医薬品であるゼネグラは、通販でいつでも好きなときに購入できます。

配合されている成分はバイアグラと同じなので、今までバイアグラを服用していた方も安心してお使いいただけます。

お得にEDの対策をしたい方は、通販を上手に活用してゼネグラを購入しましょう。

 

ゼネグラの購入はこちら